さてさて先日予告させて
頂いた、わが家のパンデミック。
ようやく立ち直れたので
文章にすることができそうです。

ザックリお伝えすると
わが家の庭と外飼いのペットの犬(ハリーくん)に
マダニがわいてしまったのですが、
これがまあ半端ない。

マダニが人間やペットにつくと、
血液を吸って小豆や大豆くらいに膨らんでくるのですが、
ハッと気がついた時には
うちのハリーくんは・・・。

あー!ダメだぁ。
考えただけでおぞましい!

あとはご想像願います(笑)
てゆうか↓もかなり気持ち悪いこと書いてますので
あまりご覧にならない方が
いいかも…。

大慌てで近くの動物病院に
ネクスガードという薬を貰いに行って飲ませたところ
まあ、大小とり混ざっていて
落ちるわ落ちるわ。
おそらく何千匹という単位だったと思います。
ガーン!

たまたまマダニの繁殖の条件が整った時に大量繁殖。
ペットがマダニのシャワーを
浴びてしまうことは
たまにあるようです。

でも10年以上飼ってて
こんなことは初めて⤵️
高齢の両親に世話を任せて
犬の管理を怠っていた私たちがいけなかった。
ハリーくんゴメンよ。

特にスタッフォードシャーブルテリアという犬種は
毛も短く、マダニがつきやすいみたい。
とにもかくにも猛省中です。

マダニといえば…。
そう!
ご存知の通り、人間の命をも
奪ってしまう可能性もある
怖い怖い虫?

最近よく人がお亡くなりになる
致死率約10%〜30%のSFTSだっけ?
その罹患者は西日本で特に多くて山口県はその中でも
発生率と死亡率がかなり
高かったような…。

SFTSウイルスを持ってる
マダニは数%?
だからマダニに噛まれたからといって、
即致命的というわけではないのだけど
気をつけることに越したことはない。

一匹でもかなり怖いのに
それが数千匹とは(泣)

しかも試しに
庭に面したサッシ下部外側に
殺虫剤を噴いてみたら
また数十匹のマダニが
でて来てきてギャー!
そこに草ないやん!

小さくて動きは遅いものの
姿は昔懐かしインベーダーゲームのあのかたち。
出て来てタイルを這う
上下動の無い動きは
まるで超小型ルンバみたい!

おかげさまで
うちのハリーくんは
綺麗になって
お薬の効果も1か月続くそうだし、
その後の感染症も見られず安心なのですが。
もう本当に嫌になって
消毒だけではなんなので
庭の樹木や植物、地面のレンガをほとんど撤去する予定。

レンガはね、苔もむすし
隙間から草も生えるし
マダニは植物の葉先に集まって、生命体を察知して
飛び移るチャンスを狙ってるみたいだから、とにかく撤去!

5月5日からこっちは
しばらくはコロナの怖さを
忘れるくらいの
わが家のパンデミックでした。

気持ち悪かったみなさん
かゆくなっちゃったみなさん
どちらさまも
ごめんなさい!