えー
うちの親族にとって
絶対的なクリニックがあります。

それは宇部のY外科。
(店長にきいてね)

もう何十年も前からのかかりつけ医で、
先生は名医ガイドブックで
日本の名医として掲載されたドクター。
そんな方が山口へようこそ!
という感じですが
もう25年ぐらいお世話になっている
大好きな先生です。

Y外科の胃カメラは、
眠っているあいだにすぐに終わりますので、
何の苦痛も無し。
毎日でも出来る感じ。

看護師さんも入れ替わりが
ほとんどなく化石のように
長くいらっしゃる(笑)

で、めちゃくちゃ面白い。
(見かけないすごい美女の若手がいたな)

カメラの前に飲む液体を持ってくる時も
「はーい!美味しいのあげるからね〜。
愛情たっぷりよ。
飲んで飲んで。」的な?

個人的には看護師さんが患者にタメ口なのは
キラいな方ですが、ここのマダム?お局様?たちはOK。
許せる。
というか、むしろ好ましい!

私は嘔吐反応が酷いので
念のために痺れる液体を
しばらく喉に溜めますが
普通はスプレーだけみたい。

で、検査室に移って
マウスピースみたいなのつけて注射。
横になったあとの意識は
ナシ!
でも終わったら歩いて
病室に帰っているから不思議。
(病室はめちゃ昭和(笑))

おそらく先の面白くて優しい
看護師さんだったと思うけど
財布をワキに挟んでくれて
ここに入れとくよ〜と叫んでたのだけ覚えてる。
この人ももう30年くらい
いるんじゃないかな。
好きなんだよね。

爆睡して大イビキを披露して
すぐに目が覚めてスッキリ。
15分程度眠っていたような。

先生に「何ひとつなかった!」と言われて、
それで終了。
ホント楽でした。

大腸内視鏡も
トイレ付の個室で
ベッドでテレビみながら
液体飲めるし。
飴なめてOKだし。

羞恥心関係ナシ。

Y外科が無くなったら
生きていけないぐらい
大切なクリニックです。

そうそう。
Y先生の痔の手術は
ゴッドハンドで有名なので
悩んでる方はご相談を!
超おすすめします(笑)