えー。

個人的な感情で申し訳ないのですが、

ワタクシ、とある金融機関?が苦手です。

お手紙配ってくれるところ(笑)

もちろん、どの局もというわけではないのですが、

昭和の時代の悪しき風習が染みついたようなところはなぁ。

ほぼほぼ好きな局が決まっていて、

そこにしか行かないようにしています。

ですが、感じが良いと認識していたその局の窓口に、

最近見慣れない人がいてね。

どうも臨時的な助っ人のようなのですが、

これがまた、なかなかの強者なんですよ。

自分の窓口に来るお客さん以外には、

いらっしゃいませの 一言はいわん主義らしい。

となりの窓口から遠慮の無い目でジロジロ見てくるのは やめてぇ。

あまりにも大胆な態度をとられると、

こっちもついつい 観察してしまうってものよ。

お客様があまりいらっしゃらないせいか、

片方の肘をついたまま耳元を触っている彼女。

いや、あれはもう頬杖。

そのままダラ〜ッと 窓口に鎮座。

ん?動きがなくなった?

目がショボショボして来たと思ったら、

何と、お休みモードか? 一瞬寝オチしたよね?今。 まだ午前中だよ?

で、しばらく両目をこすっていたと思ったら、

マスクの下で大あくび&壁の時計をチラ見。

やれやれ。

ハケンの品格の大前春子に お時給泥棒って言われちゃいますよ。

仕事が無いなら 自動ドアでも磨こうか?(笑)

何だかね・・・。

いつも頑張っている 常勤の人たちが報われない感じがするんですよね〜。

仕事舐めんなよと言いたい。

本人に直接言いたい(笑)